第1回 居宅委員会主催研修会の報告

6月19日(水)午後2時~メンタルクリニックMateriaの2階に開設されたデイケアことのはの見学会及び説明会に参加(15名)してきました。

私たち介護支援専門員は、介護保険の分野でサービス調整をさせて頂いている日常ですが、
デイケアことのは事業所では
①医療保険での利用になる。
②デイケアの利用中に原口先生との連携により、認知症の改善に速やかに結び付けることができる。
③現在の主治医との連携も先生方同士で調整して頂きながら利用者中心の対応が得られる。

※国の動きとして病院から在宅へ 在宅から地域へという流れの中から受け皿として認知症の治療を受けながらデイケアの利用もできるメリットがあることが分かりました。

私たち介護支援専門員は、地域資源を知ることは勿論、開発していく役割も担っています。
利用者様の自立支援を手助けしながら、住み慣れた地域で、その人らしい日常が過ごせるよう日々の研鑚を積んで業務に邁進していきたいと思いました。

報告者
介護支援専門員奄喜支部研修委員会委員長 行 勝代

“第1回 居宅委員会主催研修会の報告” への1件の返信

  1. どれだけの人々が、ケアマネあまきのホームページを閲覧してくださっているでしょうか?
    私たち、介護支援専門員は、見えない現実にむかって毎日、自立支援のお手伝いをさせていただいております。
    一人で、悩まないで、横の連携で成長していきましょう。
    ケアマネの社会的地位をお互いの力を結集して確立していきましょう。
    エイエイオーッ!!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*